代表メッセージ

「社会的養護」とは、保護者のない児童、被虐待児など家庭環境上養護を必要とする児童などに対し公的な責任として社会的に養護を行うことで、対象児童は約4万5千人。児童養護施設や自立援助ホーム、乳児院だけでも施設数は全国で800か所を超えます。(平成24年度現在)

 

6年前から子育て支援のNPO活動をする中で、私はこの現実を知り看過できなくて、タイガーマスク基金プロジェクトを2011年に立ち上げ、施設を退所する若者の自立支援、また個々に支援活動をする団体等をサポートしてきました。そして2012年12月にタイガーマスク基金はNPO法人として独立し、再スタートする運びとなりました。

 

子どもは親を選べません。でも血は繋がってなくても信頼できる大人が身近にいて支えていけば、彼らもいつか自分の人生に希望を持ってくれると私は思います。「可哀想だから」支援をするのではなく「人生の可能性と楽しさを伝える」ことを基本理念とし、「子どもたちから信頼される大人」たる支援者を増やし、多様な子どもたちの自立をサポートする活動を継続していきます。

 

また一方、社会的養護の問題において「川の上流で起きていること」、すなわち児童養護施設で暮らす子どもの半分以上が被虐待児という現実に対して、ここのところ増加傾向にある「子どもへの虐待」や家庭が崩壊する原因である「DV(ドメスティックバイオレンス)」についてもタイガーマスク基金は注目し、その根絶を目的に活動を開始します。これ以上、児童相談所が忙しくならないように、つまり子育てが困難な状況になる家庭を減らすこと。虐待状況や不適切な育児環境に子どもが陥らないよう、出産前後や育児中の親へのサポートを関連団体等と連携しながら推進していく予定です。

 

「自分の子どもだけが幸せな社会などない」。

 

3人の子どもを育てる親としてまたひとりの市民として、私はそう考えます。このポリシーに共感いただける方は、ぜひタイガーマスク基金の各プロジェクトにコミットいただき、声をあげられないでいる子どもたちを救い、社会の貴重な人財でもある若者たちの自立と希望ある未来を一緒に応援していきませんか。

 

特定非営利活動法人タイガーマスク基金 代表理事 安藤哲也

■代表プロフィール

安藤 哲也(あんどう てつや)
1962年、東京・池袋生まれ。3児の父親。

1985年
明治大学卒業後、出版社の有紀書房に入社。書店営業で全国の書店を歩く。
1986年
リットーミュージック入社。音楽雑誌・楽譜等の販売に従事。

1988年

UPU入社。雑誌「エスクァイア日本版」「i-D JAPAN」の販売・宣伝担当。

1994年
書店員に鞍替え。大塚・田村書店の3代目店長に。
1996年
東京・千駄木の往来堂書店をプロデュース。初代店長を務める。

2000年

オンライン書店bk1へ移籍。02年まで店長。

その後、糸井重里事務所を経て、03年、NTTドコモの電子書籍事業へ参画。
2004年

楽天ブックスの店長に就任。その後、クロスメディア事業に従事(07年10月退社)。(株)絵本ナビ顧問も務める。

2006年
11月、会社員として仕事をする傍ら、父親の子育て支援・自立支援事業を展開するNPO法人ファザーリング・ジャパンを立ち上げる。

2012年

12月には、NPO法人タイガーマスク基金を立ち上げ代表理事に。社会的養護の拡充と児童虐待の根絶をめざし活動中。

 

地域活動では、娘と息子の通った保育園、学童保育クラブの父母会長、公立小学校のPTA会長を務めた。また2003年より、パパ’s絵本プロジェクトのメンバーとして、全国の図書館・保育園・自治体等にて「パパの出張 絵本おはなし会」を開催中。

 

2009年に発足した にっぽん子育て応援団の共同代表(応援団長)も務める。

 

委員を務める委員会・研究会・協議会

<平成22~24年度>

  • 厚生労働省「イクメンプロジェクト」推進チーム 座長
  • 内閣府・男女共同参画推進連携会議
  • 内閣府・子ども若者育成支援推進点検・評価会議
  • 国土交通省観光庁・休暇改革国民会議
  • 東京都・子育て応援とうきょう会議
  • 文京区・新たな公共の担い手会議

 

理事を務めるNPO法人等

  • NPO法人定年GO!
  • NPO法人キャリアレンジ
  • NPO法人パパジャングル
  • NPO法人えほんうた・あそびうた
  • NPO法人KiRALi
  • NPO法人孫育て・ニッポン
  • NPO法人コヂカラ・ニッポン
  • NPO法人ダイバーシティコミュ

 

著書

  • 『家族の笑顔を守ろう!~パパの危機管理ハンドブック』(ホーム社)
  • 『パパ1年生~生まれてきてくれてありがとう』(かんき出版)
  • 『パパルール~あなたの家族を101倍ハッピーにする本』(合同出版)※共著
  • 『PaPa's絵本33~パパのためのRock'n絵本ガイド』(小学館)
  • 『パパの極意~仕事も育児も楽しむ生き方』(NHK出版)
  • 『パパの極意~仕事も育児も楽しむ生き方』(オーディオブック版)
  • 『子育てパパ力検定 公式テキスト&問題集』(小学館)※共著
  • 『絵本であそぼ!~子どもにウケるお話大作戦』(小学館)※共著
  • 『出版クラッシュ!?』(編書房)※共著
  • 『本屋はサイコー!』(新潮OH!文庫)


翻訳絵本

  • 『ぼくとおとうさんのテッド』(文渓堂)
  • 『ジミーのムーンパイ・アドヴェンチャー』(文渓堂)


講演履歴やインタビュー記事などはこちら

ページトップへ